山本直 黒打ち両出刃140mm Nao Yamamoto double bevel deba with bubinga handle

若き伝統工芸士、山本直氏鍛造の出刃包丁。
越前では珍しい黒打ち仕上げの両出刃です(出刃包丁は通常片刃)。
黒打ちは見た目の武骨さに加え、錆びなどに対する耐食性を高める効果があるといわれます。
両刃は鋼がハマグリ形なので食材に対して刃がまっすぐに入ります。
通常の出刃包丁よりも用途が広く、汎用性が高い1本です。

種別 (type):出刃 (deba)
刃渡り (blade length):140mm
全長 (full length):275mm
重量 (weight):250g
両刃/片刃 (single/double):両刃 (double bevel)
鋼 (steel):白紙2号/黒打ち (white steel #2)
柄 (handle):ブビンガ (bubinga)
販売価格 20,900円(税1,900円)
購入数


About the owner

村上 由一

国の伝統工芸品である越前打刃物は、切れ味の良さと海外からも注目されるデザイン性の高さが特徴です。ごゆっくりお買い物を楽しんでいただき、お気に入りの1本を見つけてください。 越前打刃物の歴史や伝統工芸士の紹介、産地情報等は以下のアドレスをご参照ください。 https://www.gochisoknife.com/

Top