加藤義実 鎚目三徳170mm Yoshimi Kato hammered santoku with jarrah handle

伝統工芸士、加藤義実氏の三徳包丁です。
鎚目が大胆にあしらわれていてクールな印象。
鎚目はそのデザイン性に加え、食材を切ったときの身離れがよくなる効果もあります。
珍しいジャラ(木)のハンドルで、口輪(角巻)の茶色もワンポイントになっています。
割り込んである銀三鋼は切れ味と研ぎやすさを兼ね備えた鋼です。

種別 (type):三徳 (santoku)
刃渡り (blade length):170mm
全長 (full length):310mm
重量 (weight):150g
鋼 (steel):銀三鋼/鎚目 (silver steel #3 / hammered)
両刃/片刃 (single/double bevel):両刃 (double bevel)
柄 (handle):ジャラ (jarrah)
販売価格 24,200円(税2,200円)
購入数


About the owner

村上 由一

国の伝統工芸品である越前打刃物は、切れ味の良さと海外からも注目されるデザイン性の高さが特徴です。ごゆっくりお買い物を楽しんでいただき、お気に入りの1本を見つけてください。 越前打刃物の歴史や伝統工芸士の紹介、産地情報等は以下のアドレスをご参照ください。 https://www.gochisoknife.com/

Top